自然とじゅくとワタシ

山口からなぜか長野へ。個人塾を運営しつつダブル(トリプル?)ワーク。まわりのしっかりした人々に囲まれ、30歳「夢見る夢子」なんとか今日も生きる。じゅく、接客、家族、フラダンス、自由なワークスタイル、バンクーバー、ワーホリ

学校生活について

【全国都道府県代表中学バレーボール大会】長野県から大阪まで応援へ、じゅくの先生ノコノコ参加する!

じゅくの先生、みなみです。 JOC、ジュニアオリンピックカップを観るため、一泊で大阪にいってきました。 私の生徒が、なんと長野県代表で12人の中に選ばれ。 すごくないすか。すごくないすか・・・!観に行くしかないでしょ・・・! ということでじゅくを2…

【学校について】中学校での不毛な縄張り争い 人間関係はどうやって作っていくんだっけ

じゅくの先生みなみです。 ルームメイトの子が作ったプルーンと洋梨のタルト うまうま 今日また「学校が嫌い」という気持ちが爆発しました。(もういく必要ないんだけどさ) じゅくの先生なのに、学校が嫌いです。

【学校について】子どもの世界は、時に想像以上に狭すぎて怖くなる。

今日は生徒のお母さんとの面談があった。学校と子どもについて。 学校に行かないという選択肢が取るには、エネルギーと勇気がいる。私は、学校から離脱したら最後、と思ってた。逃げ出すにも逃げ出せなかった。学校は自分の世界の全てだったし、学校に行かな…

【自由な生き方について】学校に通うことがすべてじゃないのは分かった

『一般的に学校は行った方がいい。』 そんなことは言われなくても分かっている。『一般的な話ではなく、目の前にいる1人の子ども(個人)的に学校に行った方がいいか』を考えてください。その子にとって、そして自分にとっての本当の幸せは何なのかを基準に…