自然とじゅくとワタシ

ワーホリ@バンクーバー 30歳「夢見る夢子」。子ども向けオンライン勉強コンサルをはじめる。

教科科目指導とかではなく「自習コンサル」はじめました!@まなぶてらす

みなみ(from Vancouver)です!

仕事も無事見つかりジャパニーズレストランで働いています。住んじゃえばこっちが日常になってきました。

 

***

 

Finally!!(ついに‼)

 

オンライン家庭教師を運営している「まなぶてらす」にて、「自習コンサル」をやることになりました。with Skype!!

 

 

 

簡単な概要…

 

✨初回…現状と目標のヒアリング→勉強法の提案やアドバイス

✨二回目以降… 経過確認とスケジュールや勉強法の軌道修正

 

❤️最終的なゴールは、生徒さんが、自分に合う勉強法や、ノウハウを見つけること。

 

😀中高生対象。土曜日午前中で募集中(他の時間は応相談)

 

 

教科科目を教えるプロ達は既に多くいるので、私はその「定着」をサポートする側にまわろうと思います。その方が得意だし、今までやってきたことを活かせそうです。

具体的な内容は下記のリンクに書いてますので、どうぞご覧下さい!(初回50分は無料です~)

www.manatera.com

 

 

 

👇ここからは個人的な話でございます(ぺこり)

 

【事の経緯】私はずっとネットでできる仕事をさがしてました

もう一年ほど前から、私がネットでの教える仕事について考えていました。今はカナダにいますが、来年自分がどこにいるなど全く分からない。

今一緒に住んでいる彼としばらくバンクーバーにいるかもだし、違う国にいるかも、いや意外と日本に帰るかもしれない。

 

とにかくわかることは「今後住む場所は一定じゃないだろう」。もともと接客業が好きでしたし、リアルな場で人と仕事をするのが好きですが、しかし、場所に依存した仕事だけでは継続は難しい。

 

でも、ネットで勉強のサポートなんて、当時のわたしには考えられませんでした。なぜなら、その子が目の前にいてお互いの空気を読みながらする授業が私のいままでの授業だったからです。

 

オンライン家庭教師します、といったところ…運命の出会い

でも、まずはやってみよう!と思い、紹介しやすくするために概要をまとめたページを作りました。そして、オンライン家庭教師サイトの「まなぶてらす」のサトウ先生からこのブログ経由でメッセージをいただき、「まなぶてらす」でまず勉強して、ノウハウを身に付けよう!ネットの先生をやってみよう!という運びになりました。

 

まなぶてらすの先生方の経歴や自己紹介ページ、体験ビデオなどを見て「自分に同じことできるのかな」と不安になるときもありましたが、逆に「他の先生と差別化しましょう」とサトウ先生に声をかけていただき、私の経験を活かすべく「自習コンサル」という科目が生まれました。

 なんだか、すごくワクワクしています(^^;)

もちろん数学や英語を教えるのは楽しいですが、なんにせよ授業形式で体系的に知識を伝えることがちょっと苦手分野だったので…(演説になっちゃう)。

一方、ピンポイントで教えたり、内容以外の戦略ややり方のお話をするのが好きなのです。ワクワクします。

 

勉強で「どうやるか」は大事

覚えたことを如何に自分のモノにするか。授業を受ける前と後にどう消化して、”昇華”するか。自習時間が長ければいいわけでもないですし、「良本」といわれるものをやればいいってわけでもない。

覚えていくこと⇔それを実践すること

インプットとアウトプットを繰り返すこと。自習をいかに、アウトプットに近づけられるか。ある程度のノウハウは知っておいた方がいい。

 

自習で「どうあるか」はもっと大事

やり方がどんなによくても、勉強は「義務」なんだという意識を植え付けは、延々と「勉強=訓練」という域から出ていけません。つまり拷問のような存在になってしまう可能性がある。

勉強はつらいものという自分の前提を疑う。そしていつも自分が興味をもってできるような方向にスイッチします。正しいやり方なんかない。自分が楽しく、熱中できるようにするにはどう組むかにいつも脳の片隅でアンテナを張っておきます。

自分が嫌と感じた瞬間、その原因は徹底的に排除します。集中力が足りなくて悩んでいるなら、勉強時間を意図的に極力短くする。

ホリエモンが入試問題の対策をしてた時、「(問題を作っている)教授の考えをハック」しようとしてたらしいです。ハックするって…なんだかドキドキですね。その人に応じて楽しみとか快感とか見いだしてのめり込むというのも手段の1つです。

 

とにかく頑張ります!楽しみです!

えーと、そうだった。まず生徒さんを集めないといけないのでした。焦らず、ぼちぼち情報発信していこうと思います!

サトウ先生(id:AKteacher)、そしてサトウ先生のご縁をくれたたよらこ(id:tayorako)さん。ありがとうございます。何がどうできるか分かりませんが、少しずつ頑張っていきたいと思います。

 

 

おわり。