自然とじゅくとワタシ

ワーホリ@バンクーバー 30歳「夢見る夢子」。子ども向けオンライン勉強コンサルをはじめる。

【つぶやき】思わぬところで縁はつながって、それを楽しむってこと

じゅくの先生、みなみです。

1月もはや半分がすぎました。

 

 

久し振りに自分の昔のブログを読み返してみました。

ameblo.jp

 

自分に言い聞かせてる部分が多いというか、自己満足というか、独り言が多いというか。

でも、それを読んでいて、今のわたしはなにかが癒されるような感じがありました。

 

 

 

ネットで繋がる縁。

 

昔のブログに、ときどき見ず知らずの方から、メッセージがきました。同じように長野に移住して来た人、長野で農業を志す人、わたしのただ自分の道を信じてすすむ姿に共感してくれた人。こういうのって、本当にブログを続けるありがたさというか、醍醐味というか。よかった。

 実際にメッセージがきて、会う人もいました。ネットの世界は不思議だなあ。こうやって会ってもない人、会うはずがなかったような人とも、話したり、実際に会ったりできる。

 

ネットでサークルへ

 

同じくブログを見にきてくれた、まなぶてらすの先生から勉強サークルに誘われました。なんと、わたしは生徒役。小学生の生徒さんが先生役…反転授業というそうです。生徒はめっちゃ悩みながら、教えてました。

そういえば、わたしも教える時、すごく考えちゃう。生徒がどうすれば理解できるか、先回り先回りして、自分の中の理解を何度も組み直すようなことをして、フル回転だったなあ。 

 

現実でも、ネットでも、縁を大事にすること

 

結局、自分のまわりの大事なひとができたとき。何か役に立ちたいとか、報酬関係なしに動けること、それがいつかまわりまわって、小さな幸せが返ってきて、「あーしあわせかも」って。

そういうちょっとしたことで幸せを感じられることが、けっこう自分の人生に大事。

 

おわり。